初めてのミラーレス一眼カメラを購入してみた。ソニー a6100 レビュー

スポンサーリンク

購入経緯

高倍率デジカメをはじめは使っていましたが画質などが物足りなくなり一眼レフを今は使っています。

その中でも持ち運びがしやすいミラーレス一眼カメラで選んだのがa6100です。今回はしばらく使ってみてわかった点をまとめていきたいと思います。

a6100の主な特徴

良かった点

持ち運びがしやすい

ミラーレスなので本当にコンパクト。普通にコンデジに見える程小さい。

フルサイズになるとセンサーサイズの関係でどうしても大きくなってしまうのでaps-cセンサーの特権ですね。

USB給電可能

USB給電ができると予備のバッテリーが無くてもモバイルバッテリーさえあればなんとかなると個人的には思います。

ただコードが必要だったりして撮影しながらの充電はできたとしても現実的ではないので予め使わない移動中に充電するのがいいかなと。

気になった点

メニューが扱いにくい

無音シャッターが使えるモードが限られる

 モードによってはシャッター音が消せないです。オートモードもその1つなのですが周りの環境に応じて使い分ければいいかなと。

転送するアプリの不具合

 Wi-Fiが装備されてるのだけれどスマートフォンに転送したい場合がうまくいかない事が度々ある。

特に気になったのはカメラの画像をiPhoneで確認する際に読み込みが時間かかってできない。

なので自分の場合はクラウドに一旦保存して移動させるかカメラから欲しい画像を選択したりしてます。

あくまでもこの不具合はiPhoneで起こってるのでAndroidは正常に読み込める?かも。

連続撮影枚数が少ない(バッファ)

a6100は連写速度は速いですがその分連続で撮影できる枚数が少ない事が気になります。

特にRAWで撮影したい場合は上位機の6400を購入した方がいいと思いますね。

気になったので比較してみました。

a6100

JPEG Lサイズ エクストラファイン:76枚, JPEG Lサイズ ファイン:77枚, JPEG Lサイズ スタンダード:77枚, RAW:33枚, RAW+JPEG:31枚

a6400

JPEG Lサイズ エクストラファイン:99枚, JPEG Lサイズ ファイン:115枚, JPEG Lサイズ スタンダード:116枚, RAW:46枚, RAW+JPEG:44枚

このように結構差があるので連写して使うシーンが多い方はa6400を選ぶといいかと。

おすすめの望遠レンズ

 ミラーレスなので持ち運べるかつ焦点距離がそこそこあるレンズ。

となるとソニーのapsc専用望遠レンズSEL70350Gが個人的に辿り着きました。

ただ後々フルサイズ機に乗り換えを考えるとライトバズーカを購入するのもレンズ資産を使いやすくなると思います。

まとめ

  • 軽量でコンパクト
  • USB給電可能
  • 瞳AFやiso感度は上位機に近い
  • 連写できる分バッファ容量が気になる

まとめるとこんな感じになります。画質はやはりフルサイズに負けますが瞳AFだったりある程度ISO感度をあげられるのはいいと思いました。

非常にバランスの取れた機種で初心者向けで使えるミラーレスカメラと言えると思います。

ただ連写ができるのにバッファ容量があまり高くないので動体撮影する方は上位のa6400を購入する事をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました