【HSPの特徴と対処法】感受性が強く空気を読みすぎて自分を傷つけないためには?

スポンサーリンク

まず初めに僕はHSPです。

これだけでどんな人か想像することはできますか?

今回はこのHSPについて自分が思ったことや経験からブログに書いて見ようと思います。

僕は気付くのが遅かったのでもう少し早く知っていれば悩んだり、苦しんだりすることを和らげることができたのかもしれないと思っています。

なのでこれを読んでHSPで悩んでたり逆に全く知らない方々に届いてくれれば嬉しいです。

HSPとは

まずHSPとは何なのでしょうか。

ハイリー・センシティブ・パーソン: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性[1][2])を持つ人のこと。テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person’s Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPはなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」[3]とされる。

出典元:Wikipedia

Wikipediaから引用した説明にはこんな感じで明記されていますが正直よくわからないと思います。

詳しく書かれているコラムがあったので載せておきます。

HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)とは?~HSPはうつ病になりやすい!?~|うつ病治療の新宿ストレスクリニック
HSPとは「ひといちばい繊細な人」という意味で、生まれ持った心の特徴です。「眠れない」「疲れやすい」などのうつ病と似た特徴が見られるためうつ病と混同されがちです。そこで、HSPの特徴やうつ病との違いなどについて詳しく解説します。

 

 

繊細な人

HSPの僕から簡単に言わせてもらうと繊細な人になります。

繊細や分館な部分は人それぞれだと思いますが僕の場合は対人関係での症状が多いです。

例に挙げると小学生のころでした。怒ると怖い先生の授業でクラスが全体的にうるさい場合、先生が怒ります。

これって普通の日常での出来事だと思います。

しかし僕にとっては自分が怒られた感覚になるのです。自分は真面目に授業を受けていて決して怒られるような事はしていません。

そのような自分とは関係なくても空気を読みすぎてしまうことにより不安や緊張感を感じてしまうことが度々ありました。

繊細にことに気づきやすかったり小さな音に敏感で驚いたり、そういった些細なことに良くも悪くも感覚が鋭い人のことだと思ってくれればいいです。

このように感受性が強いために精神的に傷つきやすいのが特徴です。

幼少期からの症状(HSC)

幼少期からの症状としては別の言い方があり、HSCと言います。

HSCについては詳しい記事が産経新聞にありましたので載せておきます。

人一倍敏感な子「HSC」 ペースを尊重、自己肯定感育んで
 「ハイリーセンシティブチャイルド(HSC)」。感受性が豊かで、他人の気持ちによく気がつく一方、周囲の刺激に敏感で傷つきやすい、「人一倍敏感」な子供を指す言葉だ…

よく間違えられるのが発達障害だと認識される場合がありますが決してそんなことはないと思っています。

感受性が豊かで、他人の気持ちによく気がつく一方、周囲の刺激に敏感で傷つきやすい、「人一倍敏感」な子供を指す言葉です。

怒られるのが怖い

幼少期から一番悩んでいたのはこれでした。自分が怒られることが怖いことはよくあることだと思います。

ですがそれに加えて他人が怒れているのをみると自分が怒れていると感じてしまいます。

学校の授業などで他の生徒がうるさかったりして先生が怒ります。それが辛かったり感じてしまうのです。

初対面の人に対して気を使いすぎてしまう

僕の場合は初対面の人に対して空気を読もうとしていまい無理に気を使ってしまうことです。

それによって余計に疲れてしまいます。

例えば初対面の人との食事は特に苦手なのです。

自分の食べ方が変だったりしないかを周りの人たちに思われてるんじゃないかが凄く気になってしまうのです。

相手からどう見られているのか気になってしまいつらくなってしまうことが多々あります。

日常に存在している様々なことに敏感

自分は特に音や痛みに敏感です。音であると人の話し声だったりが聞こえてきたりして集中することができなかったり、ライブなどで演出で使用される大きな破裂音などに驚いたり些細なことでストレスに感じてしまいます。

また、痛みであれば幼少期から静電気がとても苦手ですね。

 

知りたかった原因

僕の場合は敏感な自分をただの心配性だとごまかしてきました。

何か行動を起こす時には必ず失敗を恐れてしまいなかなか踏み出せない。

そしてそのことを周りの人たちに相談するのですがいつも決まった答えが返ってきました。「気にしなくていいんだよ」と。

その通りに気にしないようにしてみたのですが結局ストレスを貯めて辛くなるだけで酷くなる一方でした。

気にする自分をなぜその度に踏み出せないのか責めてしまっていました。

HSPという言葉を知ったのは大人になってからでした。きっかけは母からとある新聞の記事を見せられた事です。

その記事は主にHSCについて書かれた記事でした。直感的にこれは自分だと認識しました。その記事にはチェックリストがあったのですが全て当てはまっていました。

人によっては自分が悩んでいる原因がわかった際に落ち込んでしまう人がいると思いますが僕は精神的に物凄く楽になりました。

周りと違っているとわかり、ショックになるばかりか敏感なのかと納得することができたのです。

そして原因がわかった事により何ができるようになるかというと症状に合わせた対処法です。ただの気にしないではなく感受性に違いがあるのだから具体的な自分に合った対処法を見つけることができます。

原因がわかれば本を探したり、自分がどういった人なのか相手に伝えることもできます。

慣れることがベストだけれども自分なりの対処方法を見つける

子供だった頃に気にならなかったことが大人になってから気になるようになったりその逆もあります。

僕の場合は小学生だった頃に給食がありました。班で食べるようなルールだったのですが目の前に人がいる状態で食べることが苦手でした。

見られているんじゃないかとか思ってしまい箸を持つ手が震えたりしたことを覚えています。

今ではその症状は初対面の人とでも問題なくなってきました。慣れることで抑えることは一番の理想かもしれません。

ですがそんな簡単に解決できるのであれば悩んでいませんよね。その為に自分なりの対処方法を用意しておくと楽になることが多いです。

自分は周りの音に敏感なので人の声だったりが気になってしまいます。なので電車の中ではイヤホンなどを装着して音を緩和しています。

そうすることでストレスになることも大分減らすことができました。

囚われすぎないように

ただ注意していることがあります。HSPだからといって殻にこもり自分の限界を下げることはしないと頭に入れています。今までの人生の中で考えると症状の度合いの起伏が激しいと感じるからです。

あの頃に気にしなかったことが今は気になってしまっていたり、もちろん逆もあります。

自分の現在いる環境によっては変化しているので枠に囚われることを避けています。

自己分析や悩みを調べてHSPに辿り着いた人は抱えすぎないようにしておくことが大事だと思います。

最近ではHSPという言葉が広まってきました。ネットで調べれば記事がいくつか出てくるし、本屋に行けばHSPに関する本が置かれています。

本当に自分がHSPなのかチェックリストがあったりするので確認してみるといいと思います。

その際には1つの情報源を鵜呑みにするのではなくいろんな情報を集めて自分がどんなタイプのHSPなのか把握しておくことでこれからうまくコントロールすることができるようになると思います。

悪いことばかりではない

敏感=悪いイメージになってしまっていますが逆にこの気質のおかげで助けられた経験もあるので治ってほしいとは正直思っていません。

様々なことに敏感なので小さな出来事に気付きやすいことは自分にとって良い面でもあると思います。

実際に周りが気付いていないなか、自分だけ気付いていたなんてことが度々ありました。

感受性が強いことは空気を読むことに変換することによりメリットとなります。

HSPであることは一つの個性であると捉えておくことが重要です。

最後に

ここで書いている内容はあくまで僕個人の体験・経験してきたことから思ったことです。

HSPかどうかは病院で診断してくれるわけではないのでその人にとって本当にHSPかどうかもはっきりわかりません。

勘違いしないでほしいのはHSPは精神的な病気でなく気質です。重く考えるのでなく周りより感受性が豊かななだけなんだと。

長くなりましたがここまで読んでくれてありがとうございます。

HSPである僕個人としてどう思っているか書かせていただきましたが、同じ症状で悩んでいる方やHSPを最近知ったけれどあまりわからない方々の参考になってくれれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました