初のオンライン開催となった@JAMのライブ配信を楽天TVで視聴してみた感想・レポート

スポンサーリンク

コロナウイルスによりオンラインでの開催となっている夏フェスですがアイドルフェスも同様にオンラインでの実施となりました。

今回@JAMのオンラインに参加しましたが今回がオンラインでの参加自体が初なのでいつものフェスではなくオンラインとして、またシステム面中心に感想やレポートとして書いていこうと思います。

 

@JAMとは

@JAMはTIFに続いて規模が大きいアイドルフェスの1つに属します

購入したサービス:楽天TV

選んだ理由

今までTIFや@JAMのチケットは楽天で買っていたのでパスワードとidがある事とアーカイブがある配信を選びました。なので今回は楽天TVで使ってみた感じを中心に書きたいと思います。

購入方法の難易度として

思ってた通り苦戦しました。

今回は楽天TVを使っていたので他の配信サービスがどうなのかはわかりませんが今までと違いオンラインなので配信先の登録をする必要がありワンクッション増えた事が少しストレスに感じましたね。

画質

生配信なので画質が乱れる等の問題が起こる事を覚悟していましたが特に気になる点は無かったと思います。

複数の端末で見たりしましたが見る端末の動作で左右される事くらいかなと。ネット環境はそこまで早くなくても問題はありませんでした。

WEBでの視聴

これに関してはオンラインの部分で足りないと感じました。アプリでの視聴ができないのでChromeなどのプラウザを使う方法のみに視聴は限られます。

公式では対応端末がスマートフォンやPCと説明されていてメディアストリーム端末で再生できるとはなっていません。

オンラインとは言ってもフェスなのでステージがいくつか用意されていて同時に観たいステージが重なることがありました。

そんな時にfire TV stickのアプリとかで観られたらいいのに…って思ったり。

とは言っても実はPCやスマートフォンじゃなくても案外再生できました。

先程のfire TV stickにはWEBを閲覧できるアプリのブラウザがあり、試しにパスワード入力してみたところ見る事が出来ました(一応)。

とは言っても公式には対応していないのでいろんな面で癖が強くテレビやプロジェクターを使って大画面で見たい場合はPCで再生してHDMIで繋げるのがベストかなと。

アーカイブに関して

24時間しか期限がない

これに関してはかなり厳しいと思います。

メインである2ステージのみですが24時間でそれ以外は5日間のアーカイブでした。ステージの数が多く使用許可だったり様々な事情によりアーカイブが短いのは想定済みでしたかまさか24時間だとは(汗)

Huluなどアーカイブがないものもあり、同じ値段なのでアーカイブがある楽天TVを選びましたが正直このアーカイブに関しての不満がかなり上がってました。

初めてのオンライン@JAMとして

今回はコロナの影響で例年通りとはいかずオンラインでの開催となりましたが中止にしてしまうと膨大な赤字を抱えることになるので別の形で開催できたのは良かったと思います。

やはり現場での空気感を味わう事はできないのでそこはチケット代を下げるなりの工夫が必要かなと。

あとはステージもいつもの横アリでは密集してしまうので会場が別なので@JAM感が薄れてしまったこと。これら以外は概ね楽しめたかなと思います。

今回TIFがオンラインで10月にありますがスカイステージなどお馴染みのステージがあるという事なので少し期待したいです。

 

タイトルとURLをコピーしました