モードダイヤルを覚えて撮影モードを使いこなそう!一眼レフカメラの撮影モードの種類と特徴について解説

カメラ
スポンサーリンク

一眼レフカメラには自動モード以外に基本的にはマニュアルで設定ができるモードが搭載されています。

これらのモードがどのような役割を持っているのか理解できれば被写体によって使い分ける事ができます。

初心者の方はオートモードを使うことが多いと思います。

オートモードでもいいのですが他のモードを使い分けられることによりカメラの楽しみが広がります。

また、技術も上がるので今回はモードの紹介とどのようなシーンで使うのか書いていきたいと思います。

オートモード

まずカメラ初心者で必ず使うモードのオートモードです。

シャッターボタンを押すだけで撮影ができます。

ダイヤルにはAUTOと書かれています。

カメラに明るさなどの設定を全て任せるモードです。

自ら設定をする必要がないので失敗は少ないです。

撮影を重ねるとシーンによってはもう少し明るくしたいなど設定を変えたくなるので慣れるまではオートモードでいいと思います。

プログラムモード

全自動モードでは全てカメラ任せでした。

このモードでは絞り値とシャッタースピードをカメラが自動的に決めてくれるモードです。

ホワイトバランスやISO値は自分で決定します。

ISO値やホワイトバランスは設定しやすいのでオートモードからのステップアップに最適です。

ダイヤルはPです。

絞り値優先モード

絞り値を設定してそれに合わせたシャッタースピードをカメラが自動的に決めてくれるモードです。

カメラにはF値という絞り値がありレンズの中の絞りが開いたり閉じたりします。

これが最大で開いている事を開放、逆を最小絞り値と言います。

主にボケ感をコントロールする値です。

基本的に絞り値のみ自分で決めるので段階的にプログラムオートからのステップアップに最適です。

ダイヤルはAかAVです。

絞り値を調節するのでボケ量やシャープを調節する風景やポートレートなどによく使います。

シャッター速度優先モード

このモードは先程の絞り値のモードと逆でシャッタースピードに合わせて絞り値をカメラが自動で設定してくれます。

主に手振れを抑えたかったり逆にブレさせたかったりしたい時に使います。

ダイヤルはSかTvです。

被写体が動く場合の撮影ではブレないようにシャッタースピードを上げなければならないのでそのような時に自分は使っています。

マニュアルモード

このモードは絞り値、シャッタースピードなど全ての設定を自分で決めるモードです。

露出値だったりF値だったり撮りたいように設定できるので自分が観たものをそのまま表現する事ができます。

マニュアル以外のモードではカメラ任せの部分があるのでどうしてもズレが出てきてしまい場合があります。

自分の思い通りの写真が撮れやすくなりますが全ての設定を理解している必要があります。

ダイヤルはMです。

上級者向けなのでまずはそれぞれのモードを試して理解してからの方が調整しやすいです。

まとめ

基本的なカメラのモードダイヤルの種類として

  • オートモード
  • プログラムモード
  • 絞り値優先モード
  • シャッター測度優先モード
  • マニュアルモード

これらの特徴について書いてきました。

それぞれのモードは何を優先したいかで使い分けができると楽しめるようになってきます。

カメラによってはモードダイヤルの書き方が異なりますが基本的な意味は同じです。

タイトルとURLをコピーしました