映画「ブラック・ウィドウ」紹介とネタバレややあり感想

映画・アニメ
スポンサーリンク

延期していたマーベルの最新作が79日に公開され、観てきました。

本作品の紹介とネタバレややありの感想を書いていきたいと思います。

ネタバレしないようにしますが細かいところまでは省けないのでご覧になる際はご注意ください。

概要

作品・キャスト情報|ブラック・ウィドウ|マーベル公式
映画『ブラック・ウィドウ』の作品紹介・キャスト情報のご紹介です。作品のストーリー、あらすじをご紹介します。スカーレット・ヨハンソン主演。「アベンジャーズ/エンドゲーム」で衝撃的な展開を迎えた、超一流の暗殺者ブラック・ウィドウこと、ナターシャ・ロマノフ。美しき最強のスパイの知られざる過去が明かされる!マーベル公式 MAR...

予告

この映画はナターシャが主人公でアベンジャーズエンドゲームの前の時系列となります。

アベンジャーズでのナターシャは過去など謎が多くわからなかった事もありましたがこれを観ることでナターシャをより深く知ることができます。

観てきた感想(ネタバレややあり)

ほぼアクションで無駄は無かった

ジョン・ウィックとまでは言わないけど思ってたよりノンストップでアクションが続きます。

今までのマーベルの中でもアクションがかなり多いです。

観る側を休ませてくれないので干からびそうでした(笑)

ですが襲われるなど飽きさせないシーンの連続なのは個人的にもジョンヴィックを連想しました。

それほど見応えがあり素晴らしい映画に仕上がっています。

これを観てからエンドゲームを再び観てみたくなる

ナターシャがエンドゲームの前にどうしていたのかはっきりします。

アベンジャーズのエンドゲームを観た時はナターシャの過去がはっきりしていないのと不明な事が多かった。

これを観た後はナターシャの心情だったり細かい伏線や伏線回収だったりでエンドゲームの見方が変わりました。

ナターシャがアベンジャーズをどう見ていたのかまた、どんな存在だったのか。

ナターシャにとってのアベンジャーズ

ナターシャはアベンジャーズではそこまで主役ではないまま終わりを迎えてしまいました。

彼女がどうしてアベンジャーズにいるのか、また彼女にとってアベンジャーズはなんなのか不明な点が多かった。

それがはっきりして彼女のスパイとしての辛さや彼女にとっての家族がなんなのか理解する事ができました。

女スパイとして育てられた過去を知ってしまうと本当に切ない。

だからこそアベンジャーズが1つの家族そのものだとアベンジャーズでは捉えられるシーンが多かったんだと納得しました。

エンドクレジット後の伏線

最後にマーベルを今まで観てきた方はエンドクレジットで帰るのはやめましょう(笑)

自分が観た時は何人か帰っている方がいましたが最後に伏線があります。

これを見逃すのは非常に勿体ない。

まとめ

延期していましたが期待通りの仕上がりでした。

過去を振り返るだけではなく、ナターシャ自身がエンドゲームの前にどうしていたのかもわかりアベンジャーズをまた観てみたいと思わせてくれた。

アクションが凄いところに注目してしまいがちですがナターシャの過去を知ると本当に切ない。

ナターシャがなぜあれだけアベンジャーズの一員として命を捧げたのかこの映画を観てわかりました。

タイトルとURLをコピーしました