一眼レフカメラなどで撮影できるRAWって何?RAWデータと撮影するメリット・デメリットについて解説

カメラ
スポンサーリンク

一眼レフカメラでは多くの場合JPEGとRAWでの撮影が可能になっています。

設定で切り替えられるようになっていて通常の場合JPEGですが初心者の方はRAWがわからないと思います。

今回はRAWの解説とRAWで撮影した際のメリット・デメリットについて書いていきたいと思います。

RAWデータとは?

主に一眼レフなどに搭載される写真編集用の記録方式になります。

一眼レフで撮影したデータを画像処理しないまま素材として記録しているので現像ソフトが必要になります。

未完成のデータで自分好みの色合いなどの表現する為にこのRAWデータで撮影します。

因みにRAWデータのファイル形式はメーカーごとに異なります。

RAWで撮影するメリット

このRAWデータで撮影した場合、普段のJPEGデータと違いどんな点がメリットがあるのでしょうか。

現像ができて劣化しない

普段撮影しているJPEGは後で画像編集をした際に劣化してしまいます。

しかしRAWデータは情報量が多くセンサーで捉えた情報をそのまま記録しているのでJPEGデータと違い圧縮もしていません。

細かい調整が可能

現像ができるのでカメラの設定を失敗していても色合いなど幅広く調整できるので現像によって写真が蘇ることも多いです。

ピントは難しいですが例えば光の量が足りなくて暗い写真になっていても調節ができるので明るくする事ができます。

ホワイトバランスや露出補正など撮影した後に修正が可能なので、撮影時のミスも取り戻すことができます。

RAWで撮影するデメリット

容量が大きい

情報量が多いのでその分データ容量が大きくなります。

JPEGと違い圧縮をしていないのでデータサイズが大きくなり大容量のSDカードやHDDが必要になってきます。

また、カメラの連写でバッファを気にする事がありますがJPEGよりRAWで撮影している時は保存に時間もかかりシャッターチャンスを逃しやすくもなります。

初心者が使うようなカメラはバッファ容量が少ないです。

なので連写はできても保存する待機時間が発生する事を頭に入れておいた方がカメラ選びでも失敗しないです。

撮って出しができない

未完成のデータなので一度現像ソフトでJPEGにする必要が出てきます。

撮影してすぐにSNSなアップする事はできないので手間がかかる事もデメリットです。

現像ソフトは無料だとそれぞれのカメラメーカーのものがありますが有料だとLightroomがお勧めです。

通常のLightroomであればスマホで現像ができたりします。

タイトルとURLをコピーしました